ビタミンE - セサミンと相性の良い成分

セサミンと相性が良い事で知られている栄養分で最も有名なのがビタミンEではないでしょうか。

代表的な相乗効果が、まず抗酸化作用であると言われています。

それぞれが活性酸素を減らす働きを持ちます。

ビタミンEは身体の細胞膜や血管などで主に活性酸素と戦い、動脈硬化の原因となってしまうLDL(悪玉コレステロール)の酸化を防ぐために、生活習慣病として恐れられている心筋梗塞や、脳卒中などを予防してくれると言われているのです。

細胞膜においても酸化を防いで、有害物質が発生しないように働いています。

結果としてガン細胞を作らせないようにしているのです。

一方セサミンは肝臓を中心とする内蔵部分において活性酸素を減らす為に働いています。

本来は身体の中にある酵素がその役割を担っていますが、セサミンは年齢と共に減少してしまう酵素を補って内蔵を保護するように働きかけています。


他にも、ビタミンEはホルモンを作り出す分野において深い関わりがあり、そのホルモンバランスを調整してくれるのです。

特に女性はビタミンEを摂取する事により妊娠しやすくなることや、更年期障害が改善されるといった事例も報告されています。

セサミンにも更年期障害を予防、改善する働きがある事は知られていますので、こういった分野でも相乗効果の期待は大きいと言って良いでしょう。


セサミンのサプリメントにはビタミンEをプラスしている物も販売されていますので、更年期障害やホルモンバランスなどが気になる人は探してみることをおすすめします。


関連ページ

Copyright © 2009 セサミン サプリメント人気NO.1はコレ!【セサミンjp.net】 All Rights Reserved.